ソーラーシェアリングの許可と誕生

2016年02月18日

image03-1200x630 
2013年4月に農水省が太陽光発電に関して特別な運用方式をとることを決定しました。それはソーラーシェアリングに関して「農地の一時転用」という枠組みを用いて一定の要件を満たせば試験的に導入を認めるという方針です。
これにより一時転用許可の条件さえ満たせば農地に太陽光発電を導入することが可能になり、ソーラーシェアリングという方法が誕生しました。

TOP