一時的な解決策ではなく、根本的に解決する方法が求められている

2016年02月18日

d93cb7898572ad4ded60a10e2a2b6394_s
政府は農業業界の成長戦略で40代以下の農業従事者を倍増させる目標を掲げ、2012年度には45歳未満の就農者に対して年間150万円を最長5年間給付するなどいった施策を行っていました。この給付金制度によってその年度の39歳以下の若い農業新規参入者は昨年比で2倍になりました。
しかし、仮にそのような状態を補助金で賄うような施策を打ったとしても、補助金が切れたのと同時に離農率が高くなることが懸念されます。
若者や非農家出身者の就農者を増やし、維持していくには収益を上げられないという課題を根本的に解決しなければなりません。

TOP