農業業界の高齢化について

2016年02月18日

3a93de1eccd9bc36e433aacdd3d8d88b_s

農業就業者人口の中身を見ていくと農業人口の60%が65歳以上で、35歳未満の若者はわずか5%と農業就業者の高齢化が深刻な問題となっています。
65歳よりも高齢な方がほとんどで農家の平均年齢は今や68.5歳となっており、70歳近い世代の方々が現代の日本の農業を支えていると言っても過言ではありません。
65歳以上の年代の方がいる70%近くの農家では、65歳以上の方が中心にすべての農作業を担っていると言われています。その弊害もあって農作業中のケガや事故も増加傾向にあるのが現状です。

TOP