ソーラーシェアリング概要

ソーラーシェアリングとは

耕作地に太陽光パネルを通常よりも高い位置に設置をして、これまで通り営農を続けながら太陽光発電を行うことです。ソーラーとは太陽光、シェアリングとは分けるという意味で太陽光を発電と農業とで分け合うことからソーラーシェアリングと呼ばれています。別名「営農型太陽光発電」とも言います。

作付に影響はあるのか?

ソーラーシェアリングを設置導入することで作付に影響を与えるのではないかという懸念があります。過度の日照が必要ない作物であれば懸念される影響はほとんどと言っていいほどありません。私たちSSアグリ研究所が作付をしている土地では現在小松菜とそら豆、他20種類の品目の作付をしております。研究・検証段階の品目もありますが、現在も安定的に農産物を収穫することができており販売する品としても通常と変わらない品質を維持できています。

ソーラーシェアリングで見込める収益

農地にソーラーシェアリングを導入することで農作物の販売以外で大きな収益が見込めます。一つの例で1000㎡~得ることが可能です。(FIT 27円の場合)
しかし、農地にソーラーシェアリングを導入するには農地の一時転用を行う必要があります。SSアグリ研究所ではソーラーシェアリングの導入施工、農地の一時転用サポートを行っています。

ソーラーシェアリングのメリット

1. 農産物の生産・販売以外の収入源

太陽光パネルから得られる売電収益があることで農産物の出荷販売がない期間でも安定的な収入を確保することができるため、就農者の年間の収支安定化に繋がります。

2. 土地の有効活用

耕作放棄地や遊休地などの使われなくなってしまった農地を農地として活かすことができ、尚且つ若い農業従事希望者の新規就農の機会を増やすことができます。

3. 20年間の営農代行支援

20年間権利が約束されているビジネスですが、今後20年間働き続けるのはとても大変なことです。“SSアグリ”では、企業体として20年間の作付を責任を持って代行いたします。